DA16T 現行キャリーにドアロックを取り付けるの巻

車いじり 0 Comment 1576




どうもお久しぶりです。私です。

最後の更新から早二ヶ月ほど経っています。ああおそろしや。

さて今回はドアロックの取り付けです。

まねてやるときには自己責任でお願いします。

キャリーはグレード別にオプションが違ってくるため、純正ドアロックもオプションです。なので今回はドアロックをつけようと思い立ち、(11月に)取り付けたので覚え書き程度に書いていきます。

ドアロックはほとんどがマイナスコントロール、大体の汎用ドアロックアクチュエーターは二極しか出ていないためこれを使います。

みんなおなじみ五極リレーですね。これを二つ用意します。

配線はこんな感じ。常時アクチュエーターの二極はアースになっていてドアアンロック、ドアロック信号が出た場合片側のアースが常時電源に切り替わりドアロック、アンロックができるようになる仕組みです。

取り付けるためにドアの内張りをはがします。

ドアの取っ手とドアノブのねじ、手動ウィンドウの場合は窓のノブも取ります。

窓のノブはΩ形のピンがあるため無理にはずそうとすると割るため注意です。

はずした所です。この画像ではもう取り付けてありますが(^_^;)

ドア内張りの裏はこうなっています。

ビニールをはがしたところです。

ドアノブのロックワイヤーに新たなワイヤーを割り込ませてあります。

アクチュエーターは完全に固定し、ワイヤーもタップねじなどで固定します。

後は完全に動くのを確認して戻します。

ドア側にも配線を通すための穴にふたがあるため穴を開け、配線を通して後はドアロックコントロールに配線を接続して完成です。

スポンサーリンク




作成者

コメントする

ページトップへ戻る